「心身ともに毒だらけ」という不安が、現代人をデトックスに駆り立ててやまない。
形成外科とは異なって美容外科が健康体に外科的処置をおこなうという美意識重視の医療行為であるのに、結局は安全への意識が不十分だったことが大きな要因としてあるのだ。
美容成分としても名高いヒアルロン酸は人間の細胞間に多く含まれており、水分を保持したりクッション材の働きで細胞を護っていますが、歳を取るにつれて体内のヒアルロン酸は日々減っていきます。

夏場にたくさん汗をかいて体内の水分量が少なくなってしまうと自然に尿が減らされて体温を調節する汗用の水分が蓄えられるため、この余剰な水分が使われないと実は浮腫みの原因になると言われています。

押し返してくるのが皮膚のハリ。
これを保っているのは、誰もが知っているコラーゲン、すなわち蛋白質なのです。

スプリングの役割を担うコラーゲンがちゃんと皮ふを下支えしていれば、お肌はたるみとは無関係なのです。

大体は慢性へと移行するが、効果的な処置により病状・症状が管理された状態に保たれれば、自然寛解(しぜんかんかい)もあり得る病気である。
「デトックス」という言葉自体はそんなに目新しいものではないが、あくまでもこれは「代替医療」や「健康法」の一種に過ぎないのであり、治療とは別物だということを認知している人は意外なほど多くないのである。
メイクアップの長所:新しいコスメが出た時のドキドキ感。
メイク前のすっぴんとのギャップに楽しさを感じる。